申し込みページ

ビジネス/経営

2023年問題・2024年問題何から始めたらいいの?~法定割増賃金率の引き上げ、運送会社に大きな影響を与える法改正、企業が行うべき対応とは~

START 10:00
END 11:00
料金 無料
配信媒体 Zoom

​INEST株式会社の連結子会社である株式会社アイ・ステーションは、2022年9月15日(木)10時より「2023年問題・2024年問題何から始めたらいいの?~法定割増賃金率の引き上げ、運送会社に大きな影響を与える法改正、企業が行うべき対応とは~」をテーマに講師をお招きしてオンラインセミナーを開催いたします。


2024年4月から働き方改革関連法が自動車運転者に適用されます。自動車運転者の労働環境改善を図る一方で、時間外労働規制の適用により生じる問題は「2024年問題」とされ物流コスト上昇などへの対応が課題となっています。また前年の2023年4月からは中小企業も月60時間超の時間外労働で法廷割増賃金率が50%以上に引き上げられます。

特にトラックドライバーにおいては長時間労働の常態化(※1)に加え、人手不足の懸念も高まる中で法定割増賃金引き上げが働き方や待遇面での改善を図る一端を担うと考えられております。


本セミナーにおいて、第一部では法廷割増賃金引き上げについて、また適用されるまでに企業が対応すべき業務効率化についてお伝えいたします。また第二部では運送業界の業務効率化の一端を担う配車業務のデジタル化サービスである「MeeTruck業務支援サービス」と持続可能なネットワークの実現をサポートする「MeeTruckマッチングサービス」のご案内をいたします。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る