申し込みページ

2022年10月07日 (金)

ビジネス/経営

「無駄にしない」を付加価値に、デジタル活用で革新的な畜産業を行う“ゆうぼく”の取り組み

START 14:00
END 15:00
料金 無料
配信媒体 Zoom

株式会社YUIDEAと、愛媛県地球温暖化防止活動推進センター(ECCCA)は、環境に関する行動を「学ぶ・始める」ためのコンテンツを通して愛媛と世界をつなぐ場づくり、人のつながりを共創するプロジェクトに挑戦しています。

その取り組みの一環として、サステナブルな農場経営で大注目の企業、株式会社ゆうぼくをお迎えし、『「無駄にしない」を付加価値に、デジタル活用で革新的な畜産業を行う“ゆうぼく”の取り組み』と題したオンラインセミナーを、2022年10月7日(金)14:00-15:00に開催いたします。


ブランディングやファン創出につながる“環境に配慮した食品”
商品やサービスを購入する際、消費者は何を重要視しているでしょうか。2020年度の消費者意識調査によると、提示した10項目のうち上位5項目は「安心・安全」「価格」「品質」「デザイン」「環境問題への貢献」でした。多くのモノが溢れる現代では、価格以外の商品価値も重視される傾向にあります。特に、実際に私たちの口に入る食品においてはこだわって商品を選ぶ方も多く、産業別エシカル消費・購入経験・購入意向に関する調査では、いずれの指標においても食品業界がトップでした。
「安心・安全」や「品質」が担保されたうえで「環境への配慮」が考えられた食品は、付加価値が高く、ファンの創出にもつながっていると言えるでしょう。


六次産業やデジタル活用で広がる、これからの一次産業
「品質」や「安全」、「環境への配慮」等より良い食品を人々が求める中、日本では後継者不足や高齢化による生産効率の低下により、一次産業が減少傾向にあります。
その問題を打開する方法として、六次産業やデジタル技術の活用が注目されています。例えば農業であれば、農林水産省から「農業DX」という基本方針も出されています。IOTを活用することにより、作業の効率化や技術の継承が可能になるため、今後さらに注目されていくことが予想されます。

環境に配慮した取り組みや商品の価値創出、デジタル活用により畜産業に革新をもたらす“ゆうぼく”の想いや具体的な取り組みをご紹介いただきます。

一次産業に従事する方、環境に配慮した事業、商品・サービス開発、コミュニケーションに関わる方は、ぜひご参加ください。


セミナーで得られるメリット
・地域における地球温暖化対策に関する取り組み事例を知ることができる
・高品質でサステナブルな食品について知ることができる
・環境への取り組みを地方創生に繋げるヒントが得られる
・事業にサステナブルな観点を取り入れることができる
・事業を発展させるためのヒントが見つかる
・六次産業について知ることができる
・一次産業のデジタル活用について知ることができる


こんな課題感を持つ方/担当の方におすすめ
・商品の価値を高めたい
・高品質で環境に配慮した食材を取り入れたい
・畜産業の新たな取り組みを知りたい
・地方と連携して、取り組みを行いたい
・一次産業においてデジタルをどのように活用すれば良いかわからない
・事業を発展させるために、何をすれば良いか具体的に知りたい
・新たな取り組みを社内に浸透させたい

新着記事一覧

ページ上部へ戻る