申し込みページ

教育

第二弾!元刑事さんに学ぶ、中高生がネット事件の被害者にも加害者にもならないための心構え

START 16:00
END 17:00
料金 無料
配信媒体 Zoom

デジタルエコノミー特化のカスタマーサクセスソリューション・プロバイダーであるアディッシュ株式会社は、公立私立学校の教職員・自治体関係者、保護者向けに「第二弾!元刑事さんに学ぶ、中高生がネット事件の被害者にも加害者にもならないための心構え」と題したオンライン研修会を、2022年11月4日(金)に開催します。


生徒がインターネット上で何気なく行った投稿により、事件の被害者や加害者にならないための心構えについて、アディッシュの事業連携先(※1)である一般社団法人日本刑事技術協会の理事 森 雅人氏を迎えて開催します。2021年に学校関係者を対象に第一弾を開催、「元刑事の知見は学びになった」「研修後すぐに生徒・保護者向け学校だよりを通してネット利用に関する注意喚起をした」などの声がありました。

第二弾では、学校関係者をはじめ保護者にも対象を広げ、家庭でも子どもと話し合えるようなコンテンツで開催します。


GIGAスクール構想で生徒1人1台端末が整備されたことにより、インターネットやICT端末が児童生徒にとってより身近なものとなっています。こうした状況の中、主にSNSを通じて、子どもたちが事件の被害に遭うだけでなく加害者になることもあります。

警察庁の統計によると、2021年(令和3年)のSNSをきっかけとした略取誘拐事犯の被害児童数は86人、これは2019年(令和元年)の46人から1.87倍となっています(※2)。一方、オレオレ詐欺などの特殊詐欺により検挙・補導された少年(※3)は、2021年(令和3年)12月末時点で130人。前年同期比14人増加し、こうした特殊詐欺で少年が占める割合は17.7%と、少年の関与が大きな社会問題となっており、SNSを通じて詐欺犯罪に関わりを持ち加害行為に及んだという事例もあります(※4)。

そこで今回、中高生がネット事件の被害者にも加害者にもならないための心構えについて、学校関係者や保護者を対象に研修会を開催します。


対象者:
公立私立学校の教職員、自治体関係者、保護者


【内容】※予定
1. 中高生がネット事件の被害者・加害者になっている事例
2. 特に中高生に伝えたい「その行動ちょっと待った!」というポイント
3. 加害行為をしてしまったら
4. 被害に遭ってしまったら
5. 児童生徒をネット事件の被害者にも加害者にもさせない大人の心構え

新着記事一覧

ページ上部へ戻る