申し込みページ

医療 / 介護

第3期データヘルス計画に向けて最新情報を解説!

START 14:00
END 15:20
料金 無料
配信媒体 Zoom

予防医療テックで職域向けにオンライン診療などの健康支援プログラムを提供する株式会社リンケージは、2022年10月5日(水)14時より、「第3期データヘルス計画に向けて最新情報を解説」と題した無料セミナーを開催します。


データヘルスの推進で健康保険組合に必要となる取り組みとは
近年、医療業界でもテクノロジーが積極的に活用されるようになり、健診やレセプトなどの健康医療情報の電子的管理が進んでいます。さらに保険者が健康や医療に関する情報を活用して国民健康保険被保険者の健康課題の分析、保健事業の評価等を行うための基盤が整備されたことで、健康状態に即したより効果的・効率的な保健事業が行われるようになりました。

厚生労働省では健康保持増進のための「データヘルス計画」として推奨されており、今期からは薬の適正服薬が新項目として追加されました。これは薬剤を適正化して、無駄な薬、副作用のリスクを軽減することで、医療費の適正化を目指すものです。

禁煙領域においては、出荷停止となっている禁煙補助薬(チャンピックス/バレニクリン)ではなく、現在使用できるニコチン製剤を利用し、いかにしてニコチン依存症患者の禁煙に取り組む動機の認知や自信の強化による行動変容を促すかがポイントになります。


そこで本セミナーでは、「第3期データヘルス計画」推進に向けて注目すべき取り組みを2セッションに分けてご紹介します。前半は保健事業への提案を株式会社メディアラートの堀内 正巳氏が講演いたします。後半はリンケージから、禁煙支援の新たな潮流をご紹介します。本セッションでは多職種連携のタッチポイントを生かした禁煙介入について、日本禁煙学会専門指導員でもある泉水より事例も交えて説明する予定です。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る