申し込みページ

ファッション

名越スタジオのデザインリーダーが目指す、次世代のゲーム表現とは?

START 20:00
END 21:00
料金 無料
配信媒体 Zoom

株式会社オルトプラス子会社の株式会社STAND内、ゲームクリエイターズギルドは、11月10日(木)20:00から、株式会社名越スタジオとオンライントークセッション「名越スタジオのデザインリーダーが目指す、次世代のゲーム表現とは?」を開催します。


◆名越スタジオとは?
名越スタジオは、NetEase Gamesの100%出資によるゲームソフトウェア開発会社。主にコンシューマソフト事業を中心にワールドワイド向けハイエンドタイトルの開発を行っています。代表取締役社長には『龍が如く』シリーズの総合監督を勤めていた名越稔洋氏が就任。ゲームソフト開発の経験豊かなスタッフが集結しています。


◆「国境を超えて実現したいゲーム開発の未来像」シリーズ概要
「5年後の世界に通用する日本のゲーム開発とは?」というテーマで、ゲーム開発の未来について、名越スタジオの各コアメンバーがどのように考えているかを、さまざまな角度から掘り下げていくシリーズで、累計”300名”近い応募をいただいた人気イベントです。


◆シリーズ第3回「名越スタジオのデザインリーダーが目指す、次世代のゲーム表現とは?」
今回は名越スタジオのデザイン部門長 細川一毅氏がゲストとなります。
過去に「龍が如く」シリーズでアートディレクターも務められた細川氏にデザイナー観点での「世界に通用するゲーム開発の未来像」をお聞きしていきます。

なお採用直結型のイベントとして、希望者には名越スタジオの書類選考が免除されます。スタジオ立ち上げメンバーとして、プログラマ・アーティスト・プランナーなど、各種ポジションを積極採用中ですので、名越スタジオへの参画にご興味をお持ちの方はぜひご参加ください。
現時点で採用に興味がない方でも、トークセッションを聞くだけの参加も歓迎です。


◆こんな方におすすめ
・世界に通用するタイトルを作るゲーム制作組織の挑戦に興味がある方
・名越スタジオのデザイナー職に興味がある方
・5年後のゲームクリエイターがどうあるべきか悩んでいる方
・名越スタジオへの参画に興味のある方や気になりつつも一歩踏み出せていない方

新着記事一覧

ページ上部へ戻る