申し込みページ

ビジネス/経営

自社の健康資源を活かした人的資本経営とは〜サステナビリティを高める健康経営の実践法〜

START 16:00
END 17:15
料金 無料
配信媒体 Zoom

「知見と、挑戦をつなぐ」をミッションにグローバルなナレッジプラットフォームを運営する株式会社ビザスクは、「『最強戦略としての健康経営』の著者に学ぶ、自社の健康資源を活かした人的資本経営とは〜サステナビリティを高める健康経営の実践法〜」をテーマに「最強戦略としての健康経営」・「ヘルスケア・イノベーション」の著者であり、山野美容芸術短期大学教授/日本ヘルスケア協会健康経営推進副部会長の新井 卓二氏のご登壇による無料オンラインセミナーを、10/19/(水)16時より開催します。


本セミナーでは、「最強戦略としての健康経営」・「ヘルスケア・イノベーション」の著者であり、山野美容芸術短期大学教授/日本ヘルスケア協会健康経営推進副部会長の新井 卓二氏をお迎えし、「『最強戦略としての健康経営』の著者に学ぶ、自社の健康資源を活かした人的資本経営とは〜サステナビリティを高める健康経営の実践法〜」についてご講演いただきます。

少子高齢化によって労働人口が減少している昨今の時代背景に伴い、各従業員の生産性を向上させる取り組みに着手する需要性が高まっております。そのため、人材を「資本」として捉え、その価値を最大限に引き出すことで、中長期的な企業価値向上につなげる経営のあり方である「人的資本経営」や、従業員一人ひとりが健やかで最高のパフォーマンスを発揮できる状態であることを重要視した「健康経営」に注目が集まっています。


先日、経済産業省が公表した「健康経営優良法人2022」では、大規模法人部門・中小規模法人部門ともに認定数が過去最多となり、健康経営は広く認知され、健康経営に取り組む企業数が増加していることが分かります。

しかし、健康経営のお取り組みをされていても「自社に最適化した健康経営施策が分からない」や、「健康経営の推進方法がわからない」という企業様も多くいらっしゃるかと存じます。


そこで今回は、「最強戦略としての健康経営」・「ヘルスケア・イノベーション」の著者であり、山野美容芸術短期大学の教授である新井 卓二氏をお招きいたします。 新井氏は公益財団法人日本ヘルスケア協会 健康経営推進部会や、一般社団法人社会的健康戦略研究所などで、副部会長や、特別研究員のお立場で健康経営を広めて来られました。 また、新井氏は経済産業省 地域ヘルスケアビジネス創出アクセラレーターとしてもご活躍されており、日本で初めて健康経営が企業に及ぼす効果を検証されておられます。

新井氏にはこれまでの健康経営に関するお取り組みの中で培われた知見を基に、「健康経営とは何か」に関するご説明や、「自社の健康資源を活用した健康経営の進め方」や、健康経営の成功事例についてご案内いただきます。是非、ご参加ください。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る