申し込みページ

社会情勢

「小規模離島の海ごみ問題を考える会」オンライン勉強会

START 13:00
END 15:00
料金 無料
配信媒体 Zoom

特定非営利活動法人離島経済新聞社は、海辺に漂着する海ごみ問題が世界規模で深刻化するなか、特に島の住民や行政だけでは解決の難しい「小規模離島」の海ごみ問題について、リトケイ読者や企業・団体の皆様と共に考え、実行する「小規模離島の海ごみ問題を考える会」を立ち上げ、2022年11月25日(金)13:00~15:00に、「小規模離島の海ごみ問題を考える勉強会」を開催します。

同会のFacebookグループと共に参加者を募集します。リトケイと一緒に、この問題について考えませんか?
このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。


人口概ね500人未満の海ごみ問題とは?
2022年度、離島経済新聞社では日本財団「海と日本PROJECT」と共同で、小規模離島地域における海ごみ問題の実態調査を実施。人口概ね500人未満の島々のうち有効回答のあった101島の結果から、人手不足や資金不足、島内で処理できないごみの搬出費用の問題等、多様な問題が浮き上がってきました。

日本全国にはクリーンアップ活動を行う個人・団体が多様に存在しますが、小規模離島においては、受け皿となる人材不足により活動の実施や周知、継続や拡大に多くの課題を抱えています。
そこで離島経済新聞社では、有人離島専門メディア『ritokei(リトケイ)』読者層をはじめ、地域課題の解決に関心のある方々と共に、小規模離島の海ごみ問題を島外から支える「サポーター」となり、継続支援を行うためのコミュニティを立ち上げます。


初年度として、小規模離島地域の実態調査より課題を抱える3地域と連携。同地域の実情を共有しながら、海ごみ清掃に関する先進事例の紹介や意見交換を行うオンラインイベント「小規模離島の海ごみ問題を考える勉強会」を2022年11月25日(金)に開催し、参加者が継続的に情報交換を行えるSNSコミュニティの運用をスタートします。
海ごみ問題はもちろん、小規模離島の暮らしや地域づくりに関心のある皆さまであれば、どなたでもご参加いただけます。ぜひご参加ください。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る