申し込みページ

ビジネス/経営

欧州に学ぶ 実装 サーキュラーエコノミー ~世界に飛躍するための、日本の「ものづくり」進化論~

START 16:00
END 17:15
料金 無料
配信媒体 Zoom

「知見と、挑戦をつなぐ」をミッションにグローバルなナレッジプラットフォームを運営する株式会社ビザスクは、「サーキュラーエコノミーの先進事例と日本での実装」をテーマに、東京大学大学院工学系研究科 人工物工学研究センター 教授の梅田 靖氏のご登壇による無料オンラインセミナーを、11/24(木)16時より開催します。


本セミナーでは、「サーキュラーエコノミー 循環経済がビジネスを変える」著者で、東京大学大学院 工学系研究科 人工物工学研究センター 教授の梅田 靖氏をお迎えします。
梅田氏は、経団連のシンクタンクである21世紀政策研究所「CE(Circular Economy)研究会」の研究主幹であり、 ライフサイクル工学、サステナブル・マニュファクチャリング、次世代ものづくり、設計学、メンテナンス工学をご専門とされています。


企業活動における脱炭素化・サステナビリティの潮流が、世界的に加速しています。
その中で注目されているのが、欧州発の「サーキュラーエコノミー(循環型経済)」です。

「サーキュラーエコノミー」とは、従来の3R(リデュース・リユース・リサイクル)に加え、資源投入量・消費量を抑えつつ、ストックを有効活用しながら、サービス化等を通じて付加価値を生み出す経済活動です。
これまでの大量生産・大量消費が一方向の経済(リニアエコノミー)に対し、製品・部品をメンテナンス・洗浄し再利用する、廃棄素材をリサイクルしまた素材として活用する、製品の利用形態を所有からシェア型へ転換する等、資源を極力循環させていこう、というものです。

欧州では「サーキュラーエコノミー」を、単なる環境対策ではなく、欧州経済の競争力強化のための政策と位置づけています。
欧州企業は「サーキュラーエコノミー」をグローバル戦略のひとつとして、デジタル技術と融合させる形で推進し、経営の意思決定にその理念を取り込むと共に、各事業へも浸透させています。


また日本でも、経産省による「循環経済ビジョン2020」や「サーキュラーエコノミーに係るサステナブル・ファイナンス促進のための開示・対話ガイダンス」公表、経産省・環境省・経団連による「循環経済パートナーシップ(J4CE:ジェイフォース)」の設立、プラスチック資源循環促進法施行等、関連する取組みが進められています。
しかし、日本企業では「サーキュラーエコノミー」を従来の環境対策の延長線上で捉え、「規制ができたら対応する」というケースも多いのではないでしょうか。

事業変革や経営戦略と紐づけた、本質的な「サーキュラーエコノミー」を実装し、グローバルな競争力強化やビジネスチャンスに繋げるためには、どうすればよいでしょうか?
「サーキュラーエコノミー」に関し、欧州の最新動向や国内外の先進事例、日本の「ものづくり」への実装と競争力強化・ビジネスチャンスへの繋げ方等についてお話いただきます。是非ご参加ください。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る