申し込みページ

SDGs

SDGの解像度をあげる−仏教的アプローチはあるのか−

START 15:00
END 17:30
料金 無料
配信媒体 Zoom

宗派を超えた仏教僧侶による国際協力NGO「アーユス仏教国際協力ネットワーク」は、12月17日(土)にオンラインセミナー「SDGの解像度をあげる〜仏教的アプローチはあるのか」を開催します。


基調講演に相愛大学学長の釈徹宗先生をお迎えし、社会活動に携わる仏教者、教育分野から社会の変革に携わるNGOスタッフを交えてのパネルディスカッションから、私たちがSDGsをより具体的に捉え、一歩を踏み出す方法を見出します。仏教者とNGO、市民をつなぐことで、より良い社会の実現を目指すNGOの強みを生かした、SDGsが目ざす「社会の変革」を心の変革と社会の変革の両面から問いかけるセミナーです。


社会課題の解決を目指すSDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けて、多くの官公庁・企業・社会団体が取り組んでいます。『誰一人取り残さない』世界の実現という理念はよく知られていますが、この文書のタイトルには、私たちの世界を変革していくこと(Transforming our world)がうたわれています。
公平で、誰しもが安心して幸せに暮らせる社会にしていく変革とは、社会システムはもちろん、ひとりひとりの心や価値観にも求められます。「変わる」ことは決して楽なことではありません。そこに生まれる「痛み」や「軋轢」を見つめながらも、社会を変えること、心や価値観を変えていくことを、仏教者や教育に携わるNGOの活動から考えます。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る