申し込みページ

配信ライブ

花譜 2nd ONE-MAN LIVE「不可解弐REBUILDING」

料金 ¥7,000 / 無料
配信媒体 YouTube LiveZ-aN

11日(金) 夜の部
「不可解弐Q1:RE-形を失った世界で僕らは-」

配信日時:2021年6月11日(金)開場17:30 / 開演18:00(予定)
※冒頭数曲はYouTube Liveにて無料配信予定
※コロナの状況により開演時間等が変更される可能性がございます。
※アーカイブなし
—-

12日(土) 昼の部
「不可解弐Q2:RE-世界線は分岐する-」

配信日時:2021年6月12日(土)開場11:30 / 開演12:00(予定)
※冒頭数曲はYouTube Liveにて無料配信予定
※コロナの状況により開演時間等が変更される可能性がございます。
※アーカイブなし
—-

12日(土) 夜の部
「不可解弐Q3-魔法の無い世界-」

配信日時:2021年6月12日(土)開場16:30 / 開演17:00(予定)
※YouTube Liveにて全編無料配信
※コロナの状況により開演時間等が変更される可能性がございます。
※アーカイブなし


花譜です。
みなさん、「みんなで作る!花譜セカンドワンマンライブ」プロジェクトではたくさんのご支援、そして応援本当に本当にありがとうございました。
大変に自惚れたことを言うなこいつと思われると思うのですが、花譜は本当に愛されているな…と思います。
愛してもらう程申し訳なくなってしまう自分がずっと情けなくて大嫌いで、私は歌しかないのに肝心のそれはめちゃくちゃ心許なくて、うわー無理!!ってライブの度になっています。
そして、そういう時いつも一番最初のライブで初めて直で見たみんなのことを思い出していました。だから「不可解弐REBUILDING」を開催できて、しかも会えるのが本当に嬉しくて仕方ありません。

あなたが歌を聴いてくれるのであなたに会えます。
いつも本当にありがとうございます!
「不可解弐REBUILDING」楽しみにしていてください。

花譜でした。
またね。


いつも応援してくれてありがとうございます。
「不可解弐REBUILDING」のクラウドファンディングでは目標額を遥かに超える8,000万も突破いたしまして、ご支援してくださった皆様には本当に感謝しております。
本当にありがとうございます。

「不可解弐REBUILDING 」は2020年10月に実施したバーチャルシンガー花譜の2ndワンマンライブ「不可解弐Q1」、今年3月の「不可解弐Q2」から続く、「不可解弐」の完結編的な位置付けのライブです。
今回はリビルドライブとして“バーチャル空間から現実世界へと再構築&再演”される「Q1:RE」&「Q2:RE」、そして完全新作となる「Q3」を加え、全3公演に渡るライブの事を運営としては「不可解弐REBUILDING 」と総称しています。
一度きりの2ndワンマンライブの予定が、もはや「不可解弐シリーズ」のような事になってきていて、最近興味をもってくれた方には何が何だかわからないかもしれませんが、ワンマンライブとしては実質通算5回目になります。
Q1、Q2は「バーチャル空間からのライブ中継」という形で当初の内容を大幅に再構築する事になりましたが、完結編となるREBUILDINGではいよいよ「リアル会場でのライブ」に花譜が戻ってきます。

今回「不可解弐REBUILDING 」は全3公演になりますが、それぞれに以下のようなサブタイトルを付けています。
「不可解弐REBUILDING Q1:RE 形を失った世界で僕らは」
「不可解弐REBUILDING Q2:RE 世界線は分岐する」
「不可解弐REBUILDING Q3 魔法の無い世界」

今回のREBUILDINGの最大のポイントは「不可解(再)」から圧倒的にアップデートした花譜自身の存在感です。
これに関しては詳しく説明しづらいのですが、
「REBUILDING」は不可解(再)からの地続きの表現ではなく、全くゼロからのスタートなので以前やったリアルライブとは一味違う「表現方法」になっていると思います。

サプライズと新要素を加えてよりパワーアップした「Q1:RE」&「Q2:RE」、完全新作となる「Q3」をお楽しみに。

当初の構想とは違う形で新たな音楽体験として生まれ変わった「不可解弐」。
その完結編となる全3公演から成る「不可解弐REBUILDING」。
圧倒的に感動する現在進行形の「物語」を一人の少女と その仲間たちと共にお届けします。

世界の何処にでもいる普通の女の子の「可能性の拡張」の続きを、是非お楽しみ下さい。

花譜運営チーム プロデューサー
KAMITSUBAKI STUDIO プロデューサー
PIEDPIPER

新着記事一覧

ページ上部へ戻る